1位 タイミングを勝ち抜く今日を大切にした者だけが明日の勝者に・・・・・たった一歩先を読む事だけで生活が激変 最初のヒントを導きます。       ★★★★☆ レビューに自信あり満足度No1信頼の老舗 ☆★★★★ 

スポンサーサイト

   ↑  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://hitomi108.blog57.fc2.com/?overture" target="_new

| Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

いつまでも綺麗なままのバラの花 プリザーブドフラワーの注意点

   ↑  カテゴリー: ばら日記

プリザーブドに水は必要ありません。むしろ厳禁です。よって水替えなどの手間もなし。湿度の低いヨーロッパでは3年、気候の変化が激しい日本でも1年は美しい姿を楽しめます。飾る場所や保管状態に気おつければ、1年以上、美しい状態を保つことも可能です。

最近はバラだけでなくカーネーションやラン、アジサイなどの花も加工されアレンジしやすくなっています。ただ。水分にはとても弱いです。

飾る場所に気おつければ、1年以上、美しい状態を保つことも可能です。


プリザーブドフラワーは、生花のような柔らかい質感と繊細な色を持つ、美しさを宿し咲き 続けるお花です。プリザーブドフラワーは、フラワーアレンジメントもでき、心を込めた フラワーギフトとして、貰って『喜ばれるお花』です。


プリザーブドフラワーの注意点


水は絶対に与えないでください。 プリザーブドフラワー湿気によわいので 湿気の多い場所(窓際など・・・)花びらが透けたようになります。 除湿材を一緒に入れ、2~3日様子を見てください。 


エアコンなどの風が直接当たらないようにしてください。 花びらが乾燥してヒビ割れることがあります。 花びらが取れた場合はボンドでくっつけてください。 


直接日光・ほこりは痛み、色あせの原因となります。 息などをふっと吹きかけてそっと飛ばしてください。手では払わないでください。


布などに直接接したままにしておくと色移りすることがあります。 特に湿度の高い時などはご利用をお控えください。 クリーニングに出してください。






関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://hitomi108.blog57.fc2.com/blog-entry-880.html

| Comment (0) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

新着未公開情報に対しての意見を投稿する 記事: いつまでも綺麗なままのバラの花 プリザーブドフラワーの注意点

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。