1位 タイミングを勝ち抜く今日を大切にした者だけが明日の勝者に・・・・・たった一歩先を読む事だけで生活が激変 最初のヒントを導きます。       ★★★★☆ レビューに自信あり満足度No1信頼の老舗 ☆★★★★ 

スポンサーサイト

   ↑  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://hitomi108.blog57.fc2.com/?overture" target="_new

| Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

投資信託で小金持ち

   ↑  カテゴリー: 株式売買の勝ち組と負け組みから学ぶ

投資信託

カバードワラントの取引にかかるリスク

カバードワラントの価格は、原資産の価格およびその変動率、カバードワラントの残存期間、金利変動など、さまざまな要因により変動し、これにより損失が生じるおそれがあります。原資産の価格が一定のままであったとしても、カバードワラントの価格が変動するときもあります。カバードワラントの価格変動リスクは、一般的には原資産よりも高いため、損失を被る可能性も高くなります。カバードワラントにはこのほか、信用リスク、流動性リスク、税務に関するリスク、為替変動リスク等があります。

また、カバードワラントは期限付きの有価証券であり、存続期間を過ぎるとその価値がなくなります。カバードワラントを買い付けた後は、転売するか、満期まで保有することになります。満期日においては、コール型ワラントの場合、原資産の価格が権利行使価格を上回っている場合(プット型ワラントは下回っている場合)は利益が出ますが、原資産の価格が行使価格と同価格か、下回っている場合(プット型ワラントは上回っている場合)はカバードワラントの価値はゼロとなります。ただし、最大の損失額は、カバードワラントの買付に要した金額に限定されます。

カバードワラントの取引にかかる費用等

カバードワラントの取引手数料は、1回の売買代金が5万円以下262円/1回、5万円超20万円以下525円/1回、20万円超 1,050円/1回がかかります。

 

CFDの取引にかかるリスク

CFDは、対象となる株式、株価指数、商品等の価格の変動、または金利、通貨、経済指標、政治情勢の変化等、さまざまな要因により取引価格が変動し、損失が生じるおそれがあります。また、CFDは少額の委託証拠金でその委託証拠金の額を上回る額の取引をおこなうことができ、大きな損失が発生する可能性があります。
その損失額は、差し入れた委託証拠金を上回るおそれがあります。
株価指数先物、債券先物、商品先物を参照原資産とするCFDにはそれぞれ限月が定められており、最終決済期限があります。

CFDの取引にかかる費用等

各種別のごとのCFD取引に係る手数料は、以下の通りです。米国株CFDの場合、1約定につき、1,250CFDまでは、26.25米ドル(税込)です。1約定につき、1,250CFD超の場合は、1CFDごとに2.1セント(税込)追加となります。
中国株CFDの場合、1約定につき、約定代金に対し0.525%(税込)です。また、最低手数料は、42香港ドル(税込)となります。
株価指数CFD、株価指数先物CFD、債券先物CFD、商品現物CFD、商品先物CFDは無料です。取引にあたっては各銘柄の売付価格と買付価格の差(スプレッド)がかかります。スプレッドは銘柄ごとに異なります。また、取引手数料以外に金利調整額等の受払いが発生する場合があり、それらの額はCFDのベース通貨や個別の銘柄等により異なります。

CFDの取引の委託証拠金等について

CFD取引をおこなうには、委託証拠金の差し入れが必要です。必要委託証拠金は銘柄によって異なり、約定代金を基準にして計算されます。株価指数CFD、株価指数先物CFD、債券先物CFDは約定代金の10%(委託証拠金の10倍までの取引が可能)、商品現物CFD、商品先物CFDが約定代金の10~20%(委託証拠金の5~10倍までの取引が可能)以上の委託証拠金が必要です。個別株CFDは約定代金の20%(委託証拠金の5倍までの取引が可能)以上の委託証拠金が必要です。
また、委託証拠金率(必要証拠金額を100%として算出)が一定率以下となった場合、ロスカットルールにより全ポジションが強制決済されます。市場環境が急激に変動する場合には、ロスカット価格がロスカットルール適用時の価格から大きく乖離して約定することがあり、その結果、損失額が委託証拠金の額を上回る可能性があります。
使用可能証拠金が1万円未満の場合、新規注文または保有ポジションを超える数量の反対売買となる注文はできません。
なお、保有ポジションと同数量までの反対売買の注文またはロスカットは、使用可能証拠金が1万円未満の場合も、実行可能です。


投資信託は、商品によりその投資対象や投資方針、申込手数料等の費用が異なり、多岐にわたりますので、詳細につきましては、それぞれの投資信託の「目論見書」「目論見書補完書面」を必ずご覧ください。また、一部の投資信託には、原則として換金できない期間(クローズド期間)が設けられている場合があります。

投資信託の取引にかかるリスク

投資信託に組み入れられた株式または債券(投資信託に種類によって異なる)等の価格の変動等により基準価額が上下するため、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。また、投資信託に組み入れられた資産が外貨建ての場合、為替相場の変動等の影響により基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

投資信託の取引にかかる費用の例

申込時に直接ご負担いただく費用

申込手数料(投資信託によって異なります)

換金時に直接ご負担いただく費用

信託財産留保額(投資信託によって異なります)

投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用

信託報酬(投資信託によって異なります


関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://hitomi108.blog57.fc2.com/blog-entry-628.html

| Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 小豆島で宿泊
この前の記事 : 今欲しいもの

Comment

新着未公開情報に対しての意見を投稿する 記事: 投資信託で小金持ち

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
 

Trackback

この次の記事 : 小豆島で宿泊
この前の記事 : 今欲しいもの
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。