1位 タイミングを勝ち抜く今日を大切にした者だけが明日の勝者に・・・・・たった一歩先を読む事だけで生活が激変 最初のヒントを導きます。       ★★★★☆ レビューに自信あり満足度No1信頼の老舗 ☆★★★★ 

スポンサーサイト

   ↑  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://hitomi108.blog57.fc2.com/?overture" target="_new

| Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

今週のeワラント投資戦略

   ↑  カテゴリー: eワラント

3/2から3/5までの間79~80%で停滞していたプット・コールレシオは、3/6、3/9と上昇(取引全体に占めるプットの割合増)。

一方で新規買い指数*1は3/2(10%)から3/9(24%)の一週間で14%上昇したものの、途中何度か下げる日もあり、必ずしも買いに占めるコールの割合が日々増加し続けたというわけではない。

米国株は12年ぶり、日本株においては1982年以来26年ぶりの安値(終値ベース)となる水準まで下げる局面があったが、極端にコールもしくはプットに取引が集中するような傾向があったようには見てとれない。

13年ぶりに赤字に転落した日本の経常収支は、今後多少の改善が見られるとしても、海外での需要・景気が回復しない限りは、抜本的な解決には至らない可能性もある。

世界銀行の2009年の世界経済マイナス成長の見通しなどから考えるに、近日中に大きく戻るとは想定しにくいとの考え方もある。

とはいえ短期的な動きに限定して考えるとすれば、経常赤字を嫌気したのか3/9午後から対米ドル円相場は下落しており、このところの円高傾向が一時的に弱まるもしくはこのまま円安が進行するとすれば、日本の輸出関連銘柄の株価が対米ドル円相場の動向を好感して押し上げられ、ひいては輸出関連銘柄の株価上昇に牽引される形で日経平均が一時的に上げるケースもゼロではないと考えられる。

これらの見通しから、 今週はコールの購入を一案として検討したい。    

         ゴールドマン・サックス証券eコマース部が作成したものです。

 

「この○○、ちょっと調子が悪いなぁ」
といいつつ、すぐにそのモノの側面や角をドンドンとたたいて直そうとする方々は皆様の周りにも結構いるのではないでしょうか?この手の「たたいて直す」派は、テレビ、パソコン、プリンター、はては○Podやデジカメまで、「あれっ?」と思ったら、とりあえずたたいてみるようです。

昔の映画では、調子が悪い船のエンジン(蒸気機関)や車などをたたいて直すシーンがしばしば登場します。構造が比較的シンプルで、物理的にモノが詰まっている時などにはもちろん“たたく”のは効果的な対処法といえるでしょう。

しかしながら、現在の機械は車から電化製品までたたいて直ることはかなり少なくなり、むやみやたらにたたくと状況が悪化してしまうこともあるようです。状況を調べてみて効果的と思われる場合だけたたくようにした方が良さそうな気もするのですが、稀にたたいて動くようになることがあるので、“たたいて直す”派の信念は揺らぐことはありません。

問題がある投資スタイルにも似たところがあって、多くの場合に失敗していても何回かに1回はうまく行くことがあります。客観的に投資記録をつけたり、毎回のトレードをしっかり分析したりすることが、“たたいて直す”的な投資スタイルを見つけ出すのに有効と思われます。

   (ゴールドマン・サックス証券 eコマース部長 土居 雅紹 (どい まさつぐ))

勝率88.32%の衝撃 『真・eワラント投資法』なども参考にしてください。

 


関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://hitomi108.blog57.fc2.com/blog-entry-480.html

| Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

新着未公開情報に対しての意見を投稿する 記事: 今週のeワラント投資戦略

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。