1位 タイミングを勝ち抜く今日を大切にした者だけが明日の勝者に・・・・・たった一歩先を読む事だけで生活が激変 最初のヒントを導きます。       ★★★★☆ レビューに自信あり満足度No1信頼の老舗 ☆★★★★ 

スポンサーサイト

   ↑  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://hitomi108.blog57.fc2.com/?overture" target="_new

| Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

2月13日の金曜日暴落説をあなたは知っていましたか?

   ↑  カテゴリー: 株式売買の勝ち組と負け組みから学ぶ
現在の株式プレミアムは日経平均株価の場合では通常5~6%とされている。また執筆時現在(2月9日)で、長期金利は1.330%であり、現在の市況では利益成長など期待できないから期待利益成長率をゼロ以上に見積もることはできない(利益成長率は予測しにくいが、一般的にGDP名目成長率と相関するといわれている。2009年度のGDP名目成長率見通しは、日銀-2.0%、政府+0.1%、民間シンクタンク集計は-1.6%~+0.7%の平均-0.7%である。日銀のものは2009年1月22日と直近なので、より信頼性が高いだろう)。

 そうすると、期待収益率は低く見積もっても

 1.330%+5%-0%=6.330%

 となる。すなわち、どんなに高く見積もったところで、予想PERが15.80倍以上になるのはファンダメンタルズ的には“おかしい”としか言い様がない。

 そして実際の予想PERは36.05倍、予想EPSが224円。いやはや全く勘弁してほしい。

単純な掛け算である。株価は、予想EPSとPERの積で出ることになっている。とすると先ほどの高く見積もった値で、

 224円×15.80倍=3539円

 日経平均株価は3539円。少なくともファンダメンタルズは、既に日経平均株価3000円台説を許容しているのである。

そしてこんな事も囁かれていた2月13日の金曜日暴落説も(関連記事)

あなたには、無駄の無い、成功への超最短のルートをお教えします。「こちらから」

 


関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://hitomi108.blog57.fc2.com/blog-entry-452.html

| Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

新着未公開情報に対しての意見を投稿する 記事: 2月13日の金曜日暴落説をあなたは知っていましたか?

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。