1位 タイミングを勝ち抜く今日を大切にした者だけが明日の勝者に・・・・・たった一歩先を読む事だけで生活が激変 最初のヒントを導きます。       ★★★★☆ レビューに自信あり満足度No1信頼の老舗 ☆★★★★ 

スポンサーサイト

   ↑  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://hitomi108.blog57.fc2.com/?overture" target="_new

| Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

投資の戦略

   ↑  カテゴリー: 株式売買の勝ち組と負け組み基本講座
株式投資に何が重要か?

まず頭に入れて置かなければならない事が株価が上下する背景には買い方さんと売り方さんが必ずいると言う事です。株式投資には信用取引があります。最近では小額の資金の顧客でも信用取引が許可されています。

ネットと取引が出来ない頃は信用取引は大口の顧客のみにしか許されていませんでしたが今では初心者でも信用取引をしている方が増えています。特にデイトレ層は信用取引で少しでも大きな金額でトレードしなければ旨みがほとんど無いからです。

でもここで少しは頭を冷やして考えてください。信用取引とは何かを。そのリスクを!

ネット売買をしていると画面の中で金額とチャートが上下しているだけで、まるでゲームをしている様な感覚になってしまいます。デイトレで今日いくら上がった、下がったと楽しんでいる感覚になってしまいます。

人の心理として上がれば売りたくなり下がれば待ちたくなります。儲かっているうちはどんどん金額が大きくなって、もっと儲かるように思えます。それを繰り返しているうちに突然暴落に合ってしまい、どこまで下がるか分からない状況でもう少し待てば下げが止まるのではないかと、勝手に解釈して待ちのスタンスを持続しようとしてしまいます。

その結果信用取引で出した損は借金しても払わなければならなくなります。証券会社では信用取引の顧客を獲得するために色々なサービスを考え提供していますよね~。でもこれは全て証券会社の甘いワナです。

結局最後には証券会社が損をしないように作られています。騙されないでください。最後の支払いはあなたが全てカブリマス。マネーゲームの気待ちが破産者に変わります。サラリーマンで100万円の借金はキツイデス。500万円を超えると地獄です。

今テレビで今日何千万儲けたとか言って自慢しているしスゴイ人が良く出ていますが一つ間違えれば即破産です。絶対マネしないでください。その証拠に過去に信用取引で破産した人は山ほどいます。あなたの近くにも必ずいるはずです。聞いたことは有りませんか??


この文章を読んでそれは先物取引の話だろ~株式では、そんなこと無いだろ~と考えている方は馬鹿です。先物取引は詐欺です。もし最近引っかかった人がいれば即弁護士に相談してください。諦めてはいけません。

合法的な詐欺ですので裁判すれば損害金は取り戻せます。裁判しなくても弁護士が話せば裁判になったら会社が負けるのが分かっているので裁判しなくても支払ってくれる事も有ります。


でも株式は詐欺ではありません。損害を出した者の借金です。払わなくてはいけません。特にデイトレとかはギャンブルです。ギャンブルの借金はどうなるか知っていますか?破産宣告しても裁判所は認めてくれません。(最近は)借金が裁判所で免除してくれなければ一生かけても払わなければいけません。

絶対信用取引はしないでください。デイトレもお勧めは出来ません。証券会社の売り上げを上げる為のワナです。売り方さんは甘くはありません。通常売買は買い方さんが基本です。現物取引は売りから入ることは出来なくなっています。どうしては、歴史が教えてくれています。売り方さんはセミプロかプロです。

下げだすと見逃しません。持ち株を売る余裕はありません。一気に売ってきます。初心者にとっては売り方さんの存在すらあまり関心がありません。その手口も怖さも知らないのです。買った株が下がりだしたからとか、買った株が利益が出たからとかで売っている(売買の解消)だけではないのです。

頭から売りをぶつけてくるのです。仕手筋は株価を上げるだけが方法ではありません。下げで莫大な利益を上げる事も考えています。
損益を少しでも防ぐために損切りを支援する。方法としてロスカットと言う方法があります。

ロスカットとは
ロスカットとは、損失の拡大を防ぐ目的でポジションの決済を行うルールのことです。ロスカットは株取引を行う上での絶対条件です。信用取引においてロスカットはより厳格に行う必要があります。通常、ロスカットと言えば、価格に対して設定します。もちろん、信用取引においても、価格に対するロスカットは必須です。

だたし、それだけでは不十分です。信用取引の場合、期限に対してのロスカットが重要になります。現物取引の場合、株価が変動しなければ、大きな損にはなりません。しかし、信用取引には、利息がかかります。取引期間が長くなればなるほど、利息はどんどん膨れ上がっていきます。

ロスカット期間を決めておけば、取引に必要となる利息を予想することが可能となり、予測外の損失は避けられます。

この様に信用取引では自動でロスカットの設定が出来ますが現物取引にはほとんど採用されていません。現物取引でも自分で最初に決めておいて損益が出ても必ずその金額で損切りする事を見につけてください。

方法としては取引証券会社にアラート設定がありますのでアラートに登録しておくと、メールで知らせてくれます。Yahooファイナンスにも有ります。


株価アラートとは一定の(設定した)金額に達すると登録しているメールアドレスにメールでお知らせする機能です。
関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://hitomi108.blog57.fc2.com/blog-entry-39.html

| Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 損をしない株式投資とは
この前の記事 : ひとみの格言

Comment

新着未公開情報に対しての意見を投稿する 記事: 投資の戦略

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
 

Trackback

この次の記事 : 損をしない株式投資とは
この前の記事 : ひとみの格言
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。