1位 タイミングを勝ち抜く今日を大切にした者だけが明日の勝者に・・・・・たった一歩先を読む事だけで生活が激変 最初のヒントを導きます。       ★★★★☆ レビューに自信あり満足度No1信頼の老舗 ☆★★★★ 

スポンサーサイト

   ↑  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://hitomi108.blog57.fc2.com/?overture" target="_new

| Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

なぜ!ここまで思い通りに行くものなのかeワラント投資

   ↑  カテゴリー: eワラント

数ある金融商品の中で、唯一eワラントのみが
「限定されたリスクで際限ないリターンを得られる」投資なのです!!

金融商品にはリスクはつきものです。例えば、株のリスクですが、、、

【株】のデメリット

●何処まで下がるか分からない。もしかすると紙くず同然になる可能性がある。

●ライブドア株のように企業の突発的な不祥事で上場廃止になる可能性もある。

●時間を使う財務諸表を分析して割安株に投資する手法、チャートや指標を
参考に株式投資する手法など、数え上げればキリがない。

●日株価の動きを気にすることは精神的に疲れる。
(特に日々の株価の変動が激しい新興市場の株式に投資した場合、
あなたは取引時間中は株価が気になって仕方がないでしょう。
会社員の方などは勤務時間中でも携帯電話を使用して常に
株価チェックをしてしまうなど、本業に支障が出るかもしれません。)

●企業の業績が悪化し利益を上げられず、予定していた配当金が出ないことがある。

●元本保証ではない株式投資は非常にリスクが高い。

(場合によっては、投資したお金の全額が0円になってしまう可能性もあります。
では、「怖い」と思う根本の原因は何でしょうか。
それは、よくわからないものに対しての不安です。先がはっきり見通せず、
何が潜んでいるのかわからない暗闇を怖がる気持ちと同じです。)

●すぐには換金できない株式投資は「その会社の株主である」という権利の売買である。

(買い手がいなければ売ることはできません。ですから、急にお金が必要になったと
き、すぐに換金できるとは限らないのです。
また、そのときの時価により、売却すると損になることもあります。
使い道と使う時期が確定しているお金を、
株式投資をはじめとする元本保証のない金融商品で運用することは、
リスクと言えるでしょう。)

といった点でしょうか。

そしてFXのリスクはというと、、、

【FX】デメリット

●FX最大の特徴とも言えるのがレバレッジです。レバレッジを利かせることで、
元手の数倍の取引ができるメリットがありますが、
同時に損が予想以上に大きくなってしまうリスクもあります。

●レバレッジにより小額の資金で
数倍~数十倍の資金を動かす事が出来ますが
そのぶんリスクも大きくなります。

●通貨を売買する際、金利の高い通貨から金利の低い通貨に
買いかえた場合、本来、受けとっていたスワップポイントを
逆に支払わなければならないというリスクがあります。

●投資した通貨の国が、戦争をしたり、災害に見舞われたり、
あるいは金融政策の変更があった場合など、その影響で
持っていた外貨の価値が急落して損をすることがあります。

●FXは元本を保証をする取引ではないということ。

といった点だと思います。

これに対し、【ワラント】のメリットはというと、、、

●流動性の不安なし市場で1対1で取引されるオプションとは違って、
カバードワラントは会社が発行するものなので、
取引相手は発行会社となりいつでも売買できる。

●取り扱い商品が豊富。
カバードワラントでは200銘柄以上の株に対してのコール型、
プット型のワラントが取引可能です。その他、株価指数や
外国為替取引などのワラントも豊富にあります。

●取引できる時間帯が長いオプションは市場の取引時間内で
なければ売買できませんが(市場取引のため)、
カバードワラントは発行会社の営業時間内であればいつでも売買可能です。

●株式投資に比べ、小額での取引が可能。 
eワラントの価格は、1ワラントあたり低い価格で約「0.2円」、高い価格で約「60円」程度。
eワラントは「1000ワラント」単位での売買が決められているので、
1円×1000ワラント=1000円、10円×1000ワラント=10000円と計算すると、
なんと1000円~10000円程度でeワラント投資ができる計算です。
(注)ただし0.2円や、0.5円といったやたらと安いものは要注意です。
ウラがある場合がほとんどです。

●投資金額が小さくても、大きなリターンが狙える。
(eワラント投資は株取引に比べて、価格の上昇が大きいのが魅力です。
ほぼ同金額投資でも利益には何倍もの差がでます。
下がるリスクもありますが、上手く取引できれば大きなリターンが望めます。
過去には1日で400%もの上昇をしたものもあります。)

●値上がり、値下がりの両方に投資できる。
(同じ原資産であっても、上昇局面ではコール取引・下降局面ではプット取引で
リターンを望むことができます。)
(注)コール取引しかないものもあります。
株の信用取引とは違い、追加証拠金はありません。
eワラントは、満期日まで持っている必要はないので状況に応じて売買できます。

●価格が安い。
最大の特徴は購入価格が非常に安い事です。
(購入は1000単位で購入しますが、1000単位でも2000円からでも購入が可能です。)

●上昇率が高い。
(株価の変動率よりも取引価格の変動幅が大きくなるように考慮されています。
この変動率を「実行ギアリング」と言いますが、これが「てこ」の原理で、
株価の変動に弾みを付けて取引価格が大きく変動するようになっています。)

●少ない資金で東証1部の大手企業に投機できる。小額からでも利益を出せる。

●大引け後や夜中に売買できる、ダウの動向を見た上で買える。

●莫大な損益を出しても追証が発生しない。 損が限定されている。

といった点です。

もちろん、eワラントにもリスクはあります。

しかし、、、

↓【eワラント】↓デメリット

●投資金額に対して大きなリスク。
eワラント投資は株取引に比べて、価格の下降が大きいのがリスクです。
大きく値動きを起こす実行ギアリングが大きいと、値上がりしたときは良いですが、
値下がりした場合の下落幅も大きなものになってしまいます。
短期売買で取引する場合は、早めに損切りしたほうが良いと思います。
ただ、ここでもFXや信用取引とは違い、追加保証金はありませんので
、借金になることはありません。

●売値と買値がある(スプレッド)
eワラントの価格には、販売価格と買取価格があります。
たとえば、ある銘柄のeワラントを、10.50円で購入した場合、保有eワラント価格は
10.20円となります。
『販売価格と買取価格の差額』×『購入ワラント数』が購入時点の損失となります。
これは株で言うところの「ザラ場の指値注文の価格差」と同じ感じで
捉えていただければと思います。
そのときの販売価格とまったくの同額、もしくは高く買う人はいないという話です。

●売買停止と販売停止がある
ワラントが売り切れた場合。(販売のみ停止。買取はできます)
ワラント価格があまりにも低い場合。(販売のみ停止。買取はできます)
対象原資産等が取引の制限措置や取引停止になった場合。
対象原資産等の注文が一方に偏っている場合。(買い気配・売り気配)
対象となる会社の株価に大きな影響を与えると事柄があったと判断された時。
国外の対象原資産等を取引している取引所が休業日の場合。
国内外の金融・政治・経済に大きな影響を与える事柄が起こった場合。
ゴールドマンサックス・取扱証券会社のシステム障害が起こった場合。

なんと僅かこの程度なのです。

株やFX、先物と比べていかがですか??

では、もう少し分かり易く、例として株と具体的に比べてみましょう。

↓【株×ワラント】↓

●株式の場合は制度信用銘柄のみが「から売り」が可能ですが、
この場合は、いわば
借金」
をして取引をしています。

このため、売買代金と手数料の他に利息が必要となり、
更には担保不足(追証)になった場合は法的に追加保証金が必要となります。
しかし、
eワラントでは「売り」がもともと用意されているので、
自分の資金で「売り」の権利を購入することが可能です。

分かりましたでしょうか?

ものすごく噛み砕いてしまうと、

リスクは予め「最悪でもこれだけの」というものが決まっていて、
リターン天井知らずだということなのです。

私はそのワラントの魅力に憑りつかれ、

昼夜を問わず勉強し続けました。

そして、

実際に運用し始めたのです。

初めての取引終了後、私は泣いていました。

「ここまで思い通りに行くものなのか」

「努力してきてよかった、、、。」

 


関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://hitomi108.blog57.fc2.com/blog-entry-349.html

| Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

新着未公開情報に対しての意見を投稿する 記事: なぜ!ここまで思い通りに行くものなのかeワラント投資

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。