1位 タイミングを勝ち抜く今日を大切にした者だけが明日の勝者に・・・・・たった一歩先を読む事だけで生活が激変 最初のヒントを導きます。       ★★★★☆ レビューに自信あり満足度No1信頼の老舗 ☆★★★★ 

スポンサーサイト

   ↑  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://hitomi108.blog57.fc2.com/?overture" target="_new

| Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

外貨預金で120万円を預けて1万ドルを運用

   ↑  カテゴリー: FX(投資)

着実な収益を生み出すスワップポイント

外貨預金で120万円を預けて1万ドルを運用した場合(1ドル=120円として計算)は、運用している1万ドルに対して、年数%程度の金利が発生します。
FX取引「Foreland Online(フォーランドオンライン)」で1万ドル買う場合も同様に、証拠金額は2万円であるものの、運用額は1万ドルであるため、外貨預金の金利に相当する「スワップポイント」が1万ドルに対して発生します。
1万ドルに対するスワップポイントが、1日あたり100円だとして、1年間スワップポイントの変動がなかったとすると、年間合計額は36,500円(100円×365日分)にも達します。
外貨預金のように総代金120万円から計算すると3%程度の利回りですが、証拠金額2万円から計算すると、150%近い収益率となります。
また、外貨預金では、通常半期もしくは四半期の確定日まで金利を受け取ることはできませんが、FX取引のスワップポイントは毎営業日取引口座に算入され、中途解約(取引決済)に制約やペナルティがない点もポイントです。
最先端のFX取引ルールを導入している「フォーランドオンライン」では、取引を決済することなく蓄積されたスワップポイントだけを出金することもできます。

1万ドルを運用する場合(1ドル=120円)

 

 フォーランドオンライン外貨預金
開始時に必要な資金2万円120万円
スワップポイント/金利1万ドルに対して発生し、毎営業日取引口座に算入1万ドルに対して発生し、原則満期に支払われる
取引コスト(往復)手数料0円+スプレッド分(ドル円で通常200円)2万円前後
取引できる為替レート24時間リアルタイムレート1日に数回の提示レート
収益チャンス円安局面だけでなく円高局面も円安局面の時のみ
中途解約(短期取引)自由制約やペナルティが課されることも

スワップポイント

スワップポイントとは、2国通貨間の金利差額、調整額により生じる、外貨預金の金利に相当するものです。
詳細は「スワップポイント発生原理」をご参照ください。
また、「フォーランドオンライン」では、FX業界最高水準のスワップポイント金額や、今後の付与日数予定などを「最新スワップポイント一覧」にて公開・更新しています。

リスク管理に優れた「デイトレード」

「デイトレード」とは、1日内に取引を終了させる短期売買を指し、日計りとも呼ばれます。
一見、攻撃的かつ積極的な取引手法に思えますが、ポジション(建玉)を翌日に持ち越さずに決済することで、ズルズルと損失が拡大するリスクを抑えることができる(取引期限によるストップロスが働く)点から、結果としてリスク管理に優れた取引手法でもあると言えます。最近では、「スキャルピング」と呼ばれる、1回の取引が数分~数時間程度で完了する、超短期売買も人気を集めつつあります。
一方、「スイングトレード」と呼ばれる、数日以上の取引となれば、厳密な取引期限を定めているものではないだけに、ズルズルと損失が拡大する可能性があるのと同時に、取引期間が長引けば為替レートの変動幅もその分大きくなるため、「ストップロス注文」「IFD注文」「OCO注文」「IFDOCO注文」等の設定による、厳密なリスク管理の必要性が高まるといえるでしょう。

取引期間による投資スタイルの分類

 取引手法レート変動幅ストップロスの必要性
スキャルピング数分~数時間といった短時間内に利益を狙う。
デイトレード1日の間での取引。建玉を翌日に持ち越さない。
スイングトレード数日内での取引。
ポジショントレード数週間以上の取引。
中長期型トレード数ヶ月以上の取引。

外国為替は「相対取引」

外国為替(FX)は、「売り手」と「買い手」の当事者間で、為替レートや数量などの取引条件が合致すれば取引が成立する「相対取引」です。
株式取引の場合は、市場参加者全員が東京証券取引所などに注文を出すことによって取引が成立する「取引所取引」であるため、同じ時間に取引される株価は同じ値段となります(大阪証券取引所でも取引が行なわれている株式の場合では、同じ時刻でも東京証券取引所とは異なった値段で取引される場合もあります)。
一方、外国為替は世界中の多数の参加者が「相対取引」で取引を行なうため、「為替レート」は全く同じ時間であっても複数存在することになります。
新聞やテレビなどで報道される「為替レート」は、報道機関に情報を提供している情報ベンダー(ロイター・時事通信社など)が複数の市場参加者から情報を入手し、その時点のおおまかな為替レートとして公開している参考値であり、その為替レートで取引できるという意味ではありません。

「売り手」と「買い手」の当事者間で、為替レートや数量などの取引条件が合致すれば取引が成立します。

 


関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://hitomi108.blog57.fc2.com/blog-entry-308.html

| Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 1位 FX・成功の秘訣
この前の記事 : FXで1万ドルを運用する

Comment

新着未公開情報に対しての意見を投稿する 記事: 外貨預金で120万円を預けて1万ドルを運用

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
 

Trackback

この次の記事 : 1位 FX・成功の秘訣
この前の記事 : FXで1万ドルを運用する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。