1位 タイミングを勝ち抜く今日を大切にした者だけが明日の勝者に・・・・・たった一歩先を読む事だけで生活が激変 最初のヒントを導きます。       ★★★★☆ レビューに自信あり満足度No1信頼の老舗 ☆★★★★ 

スポンサーサイト

   ↑  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://hitomi108.blog57.fc2.com/?overture" target="_new

| Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

株式チャート分析

   ↑  カテゴリー: 株式売買の勝ち組と負け組み基本講座
JUGEMテーマ:株・投資

株式投資の判断基準をどう分析すれば良いかを考えます。
チャートには色々な指標が記載されています。はたしてどのテクニカルチャートを参考にすればよい結果が簡単に出せるのでしょう。

忙しい現代人にとって今は大変べりな時代になりました。パソコンを開けば無料で複雑なテクニカルチャートが即手に入ります。その中で使いやすいサイトを紹介しておきます。

Yahho!ファイナンス
大変使いやすく表示が軽いです。しかしテクニカル指標が銘柄を変えるたびにリセットされてしまいます。
特殊なMACDの表示の仕方をしているため大変分かりやすいです。特に平滑移動平均を使っていますので精度はかなり高いです。

MACD とは
<説明> 「Moving Average Convergence Divergence Trading Method」の略であり、「移動平均収束拡散法」と呼ばれています。
MACDとは2種類の移動平均の差であり、さらにMACDの移動平均を計算したものを「シグナル」と呼び、この2本の線をグラフ化しています。実際の計算には、「単純移動平均」(SMA:Simple Moving Average)ではなく「平滑移動平均」(EMA:Exponential Moving Average)を使用しています。
<算式> MACD=12日平滑移動平均-26日平滑移動平均
シグナル=MACDの9日平滑移動平均
9日平滑移動平均(1日目の計算)=(p+p1+p2+…p7+p8)÷9
9日平滑移動平均(2日目以降の計算)=前日の平滑移動平均+α(p-前日の平滑移動平均)
p=当日の終値
p1=1営業日前の終値
α=2÷(9+1)

<見方> MACDがシグナルを下から上抜いたところを買い、上から下抜いたところを売りと判断する見方が使われています。





従来の株式投資マニュアルは、
株で勝てるための手法として、
1~2個ほどしか説明がありませんでしたが、

当マニュアルは、
あらゆる手法を用いて、
勝てるための確率を最大限上げるための内容になっています。

よって、
当マニュアル通りの株取引を行えば、
年間の利益として億に届かせることも
まったくもって夢ではありません。

株で利益を上げていただくために、
万全のメールサポート、そして全国で講習も予定しています。

他の投資より安全な日本株を用いて、
当マニュアルの著者である
現役モデルの慶応大生『青木愛弥』と一緒に株で儲けてみませんか?
現役モデルの慶応大生が初心者から始めた株式投資錬金術
関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://hitomi108.blog57.fc2.com/blog-entry-204.html

| Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

新着未公開情報に対しての意見を投稿する 記事: 株式チャート分析

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。